体づくりで健康長寿へ

体づくりで健康長寿へ



退職後の人生は男性で20年、女性で30年もあります。

この長い老後の生活を如何に有意義に楽しく暮らせるかは退職前の準備が必要です。

今からでも遅くありませんので、しっかりと対策をしましょう。

体づくりで健康長寿へ

幼少期から高齢期まで、それぞれのライフステージにあったスポーツ習慣を身に付けることは健康的な生活を送るうえで

欠かせません。

スポーツをするうえで、競技技量を高めることと、健康的な生活を送るための総合的な視点でスポーツに取り組むことが

重要となります。

スポーツの効用として健康につながる、気持ちが前向きになるなど・・・

のメリットは多くの方が提唱されており、幼少のうちに様々な運動遊びをすることで体の発育・発達に好影響を及ぼすことや、

成人になってからの定期的な運動が生活習慣病の予防に役立つことは明らかです。

人間は「動物」であり、「動く」生き物です。それが最近の社会の環境の中で、

子供も大人も動くことが少なくなったことで、生活習慣病など様々な弊害が生じてきています。

体を動かすことは、人間が生きていくうえでとても大切なことであり、それぞれのライフステージ合ったスポーツ習慣はとても

重要なことなのです。

体づくりで健康長寿へ



年代によって体の機能の変化や体づくりのポイント


◆幼児期

走る、跳ぶ、投げる、捕るなどの基礎的な運動の仕方を身に付けていく

◆児童期

低学年では走る、跳ぶ、投げる、捕るなどの基礎的な運動を習熟し、高学年では調整力・持久力が身に付き、様々な競技スポーツを習得し始めます。

◆青年期前期

発育・発達には個人差と性差が見られ」、主体的に運動。スポーツを実践し、体力の向上や健康の増進を図ることが求めらる。

◆青年期後期

筋力や持久力、瞬発力などの身体能力が最高に充実し、技能の進歩が著しい時期である。

生涯にわたる健康的なライフスタイルの定義を一層確率していく時期です。

◆壮年期

加齢に伴い身体面では体力や運動能力が緩やかに低下し始め、身体活動量低下等により、肥満傾向も増加する。

スポーツ・レクリエーション活動を通じて仲間や友達との社交、親子交流が求められます。

◆中年期

40歳ころから視力も低下し、体脂肪率も高まる傾向が表れ、運動能力・体力も低下し始め、息切れ、

柔軟性の低下などの自覚症状も表れる頃になるとスポーツは楽しむことへ帰る必要はあります。

◆老年期前期

加齢に伴い、老化現象が顕著になり、体力・運動能力が低下し、疲労回復に時間がかかったり、体温調整機能も弱くなって

きます

疲労が残らない程度の運動・スポーツを主体的に取り組みましょう。

◆老年期後期

さらに老化が進み病気に対する抵抗力や回復力も衰えてきます。

家族や社会から支援が望まれ、日常生活において軽度な身体的活動の機会をできるだけ増やすことが必要です。



以上のように年齢とともに体の機能がどんどん変化し、その時々にどの程度まで運動によって負荷を与えていいのかと

いった知識が必要とされているのです。

それは、ある運動を行ったときに、体のどの組織、臓器、器官にどの程度のインパクトがあるのかといったことです。

例えばメタボリックシンドロームの予防に有酸素運動がいいなどと言われますが、それがなぜなのかをしっかりと

説明できなければなりません。

加齢とともに筋肉は減少し、これがメタボリックシンドロームにも影響します。


1日の生活の中でのエネルギー消費は下図のとおり基礎代謝によりものが60%を占めています。



したがって、メタボリックシンドローム対策でエネルギーを消費させる最も効率が良いのは基礎代謝を上げることで、

基礎代謝を効率的に向上させるには筋肉量を増やす(高齢者は減らさない)ことが有効だということです。

筋肉量を増やすにはウォーキングなどの有酸素運動ではなく、筋力を高めるトレーニングが必要です。

特に加齢とともに減少するのは主に速筋ですから、ウォーキングだけでは速筋は増えません。

つまり、有酸素運動に加えて筋力トレーニングを行わなければ中・高齢者の健康な体力づくりにはつながりません。

これまでスポーツが健康的な生活に役立つことを記載しましたが、これは社会的にも大きく期待されています。

超高齢化社会を迎えることから、多くの人が如何に健康に加齢していくかということは、

医療費やの介護費用の増加を防ぐうえでも重要なポイントになります。

体づくりで健康長寿へ



高齢化社会の課題


2025年問題の団塊世代が2025年には全員75歳以上の後期高齢者に到達します。

その頃は介護給付費が現在の倍程度の約20兆円に近づくとの試算もあり、認知症人数は約700万人で、

高齢者の20%になることが予測されています。

・30〜50代はメタボリックシンドローム

・60〜70代前半はロコモティブシンドローム(運動器症候群)

・70代以上はフレイル(虚弱) 

スポーツはこれら全ての予防に効果があるのです。



高齢者が要支援者となる原因としては、脳卒中、認知症、転倒・骨折が3大要因(厚労省2014年)であり、

認知症発症にもうつや高血圧より運動不足が強い影響を及ぼすことが判っているようです。

・脳卒中予防・・・・有酸素運動が効果(血圧を下げる、血中脂質の改善)

・転倒・骨折予防・・筋力トレーニング

つまり、適度な運動やトレーニングが健康長寿には欠かせない大きな要素となっているのです。

しかし、日本の平均寿命は世界一ですが、国民の6〜7割はスポーツ無関心層であり、大きな問題を潜んでいるのです。

スポーツ庁では、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度となることを政策目標にスポーツへの参加を促して

いますが、平成27年度の調査では40.4%で平成24年度調査より71ポイント低下し、目標との乖離が大きくしています。



個人的な感想と今後の改善・改革案ですが、高齢者健康福祉祭(ねんりんピック)が毎年開催されています。

平成30年度は富山県、平成29年度は秋田県、さらに長崎県、山口県、栃木県、高知県と開催されてきました。

私も運営担当として、また監督や選手として関わりを持ってきましたが非常の盛り上がりがあり、

参加者は全員元気でハツラツと練習や日常生活を送られています。

このねんりんピックをもっと競技数を増や、市町レベルの予選会、県予選、全国大会へと拡大すれば関係者の数も急増します。

大会運営費等が多少増えたところで、医療費や介護給付費用が抑制できれば充分に効果はあるはずです。

ただ、運動・スポーツを促進しても、目標がなければ取り組む人はいません。人は目標があるからこそ心を動かすのです。

是非、厚労省・スポーツ庁のお偉いさんは机上の空論ではなく、川下(現場や参加者)の意見を聞き、対応策を検討いただきたい!

体づくりで健康長寿のためのお勧め商品



プロポリス健康増進会


高品質プロポリス+α配合サプリ【プロポザイム】




いつまでも“健康で若々しく”を叶えたい

でも、現実は厳しく多くの方がお悩みをお持ちです。

・元気な身体を維持したい

・肌のハリがなくなってきた

・年齢とともに疲れやすくなってきた

・抵抗力がなくなり風邪をひきやすくなってきた

・最近「うっかり」が多くなってきた

・テレビやパソコンで目が疲れる

・将来家族に迷惑をかけたくない



プロポザイムは、高濃度・高品質のプロポリスをベースに、還元型コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、

レスベラトロール、アスタキサンチン、ビーポーレン、トコトリエノール、DHAなどの有用成分を配合した

現代の複雑なストレスに対応できる新しいタイプのサプリメントです。







株式会社ピーソリューション


NHKやTV番組、多数メディア掲載!高齢者専用サプリメント


プラズマローゲンEX




プラズマローゲンEXは認知機能の一部(記憶力)を維持する!を臨床試験で実証されました。

本品は鶏由来プラズマローゲンが含まれており、健常な中高年の方の年齢に伴い低下する認知機能の一部である、

言葉、位置情報、状況などの情報の記憶力を維持する機能があります。

NHKやTV番組、新聞など多数メディアで取り上げられた話題のプラズマローゲン配合のサプリメントです。

認知症にお悩みの方、ご家族の介護にお悩みの方のためのサプリメントです。

ご家族の負担にならないよう、コストを抑えて継続いただける価格で提供しております。

プラズマローゲンの特許を6件取得し、国内GMP認定工場で製造されているので、低価格でも高品質です。





ナチュラルセーフティ


考える力をサポート!【DHA&EPA+サチャインチ】




健康のために、国やWHO(世界保健機関)が摂取を推奨しているDHA・EPAは、体内で酸化が進むのが非常に早い成分です。

抗酸化力をもつ天然ビタミンEをたっぷり含むサチャインチオイルと一緒に摂ることで、

DHA・EPAの「考える力」「記憶する力」や「サラサラ健康生活」への働きをしっかりサポートいたします!

★こんな方におすすめです。

・魚が苦手、あまり食べない

・うっかりや、もの忘れが増えてきた

・考えることや、覚えることが億劫

・ドロドロとした生活習慣が気になる

DHA&EPA+サチャインチ

配合量(1日目安量4粒)

DHA 302.9mg

EPA 100.3mg

サチャインチオイル 6mg

定期初回は半額1,080円!